球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 23日

昨日の教室


木曜日、午後クラスのYukiちゃんが一年がかりで作るカラクリ人形。
Yukiちゃんは、蛇腹の関節人形を作ったり、
おじいちゃん、赤鬼、と・・・チョット変わった発想をするお嬢さんでした、
が、Yukiちゃんもついにゴールドメンバーの仲間入り・・・
c0183903_15344834.jpg
c0183903_15351762.jpg

背中側のクランクを回すと口が開いたり閉じたり・・・
c0183903_15354158.jpg

その口の動きに合わせて、コメカミとノドボトケも動きます・
コメ神、ノド仏、・・・神と仏が居るわけですね!
「ど~や、ホーリーやろ!」
「ハイ~参りました・・・」


c0183903_1551938.jpg

難しい動きの部分のメドがついて、後は彩色、仕上げ。
もうチョットやな・・・


c0183903_15513125.jpg

[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-23 11:12 | 教室情報
2009年 01月 22日

「Ecole ~エコール~」 3

「Ecole」の人形版のお話を進めるうちに、
ルシール・アザリロヴィック監督の表現している世界がそれまで私の作ってきた人形の映像
世界と重なる部分があるように思えました。
もちろんすべてではありませんが・・・

撮影を進めるうちに、ストーリーと離れたイメージも湧き上がり、映画のシーンにはない
映像も幾つか撮影しました。
写真を撮影しているとイメージどおりに写すのは当然ですが、
時として意外な写り方をする場合もあります。

光は写真を撮影する上での超重要な要素です、
光がないと写真は写りませんから~(笑)・・・

エコールの撮影では、森、水、人形達の遊戯、を僕なりのテーマにしました。

c0183903_1032793.jpg

水は大好きです、
水は映像の中で常に形を変えて写り込み、写真にインパクトを与えてくれます。

c0183903_10204014.jpg


c0183903_11382152.jpg

c0183903_10213041.jpg


撮影は現場での設定が重要です。
被写体の表情、写りこむ背景や光の表情、
そしてカメラのレンズ、シャッタースピードや絞りの設定でも写る写真は変わってきます。
撮影の間はすべてに神経を使い緊張しますが、この緊張感が好きなのです。

かつて暗室で現像液の匂を嗅ぎながら行った作業が今はパソコンの前で、
たくさん撮影した写真のなかから良さげなカットを選び、
微妙な色調、コントラスト、トリミングなどを調整します。
撮影して終わり、・・・ではないですね。

「写真を仕上げる面白さ」が暗室がなくても楽しめます。

デジタルカメラに付属しているソフト、使っていますか?
皆さんも人形を撮影したら写真のソフトを使って楽しみましょう・・・
c0183903_1441735.jpg


「Ecole ~エコール~」はAmazonにて購入できます。
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-22 00:30 | 人形写真
2009年 01月 21日

人形回想録2・マネキン人形とベルナール・フォコン

我が家に10年以上前から住んでいるマイキーちゃん。
麦わら帽子を被り、釣竿を持って階段の踊り場に立っています、
ボーとして階段を上がってくると、人の気配にドキッとします。
等身大の人形って存在感あります。

ヨーロッパの古いマネキン人形。
「ベルナール・フォコン」って写真家、知ってますか?



c0183903_21341117.jpg


More
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-21 01:27 | 人形回想録
2009年 01月 19日

「Ecole ~エコール~」 2

作品撮影のカメラをデジタルに切り替えたの5年ほど前だったと思います。
HPのギャラリー(今月の人形)はそれ以前にコンパクトのデジカメを使っていました。
当時400万画素の上級コンパクトカメラの値段で、今や1000万画素の一眼レフ
カメラが買えます。

一眼レフカメラの高級機種は2000万画素を超えましたね。

ただしデジタルカメラで撮影した画像を処理するにはPCが必要不可欠ですから
高画質の写真をストレスなく現像処理するにはやはり高性能のPCが必要です。
カメラとノートパソコンを繫いでパソコンのモニターを見て撮影、
即、撮影画像をチェックしたりできます。
写真屋さんやフィルムの現像会社が潰れるわけですね。
またカメラの話になってしまいましたが・・・
作品集の「吉田式」と「Ecole」はすべてデジタルカメラでの撮影です。

「Ecole」はストーリー仕立ての写真集ですから、ストーリーにそった説明的な画面構成の写真が多くなっています。

森の中にひっそりとある学校!

そんな森、何処にあるの・・・
ここは日本ですよ。
あちら、こちら、と、人形、小道具、機材を車に積んで良い雰囲気の森を探しながらロケをしました。
富士山の麓の森や山梨県の川の上流、水の澄んだ清流域が撮影場所です。

c0183903_22413462.jpg

森の中に人形を設置するのは大変でした、地面が平らではありませんから。
撮影中、人形が倒れて服が汚れたり、指が折れたり・・・
陽月さんはそんな事も予想してか、予備の人形パーツも用意していました。

流れの中に人形を設置するのは更に難しくなります。
素材がビスクですから水に入れるのは問題ありません、
でも、水の流れの強さ、水深、等の条件もあって、なかなかうまくいきません、
人形同士が自然に、いかにも!という関係で設置されていないと・・・
c0183903_22421115.jpg


c0183903_22424915.jpg


1カットを撮影するのに手間のかかる撮影でしたが、
それまでの作品撮影の経験を生かして、けっこう楽しみながら撮影することができました。
楽しい仕事! したいですね・・・
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-19 23:44 | 人形写真
2009年 01月 18日

今日の教室

土曜日後半クラス(16;30~19:00)
今日、目にとまったのが八裕 沙さんの人形。
なんだ~これは・・・
「妖精の翅ですよ!」
「お正月、シコシコと作ったんです~」
「ほら~、動くんですよ」
翅の上部と体の接合部が関節になっていて動きます。
なるほど!ユニークな翅になっています。
c0183903_18255469.jpg


八裕 さんの人形は個性的、
精力的に発表活動をしているベテラン、ゴールド会員。
ピグマリオンへ10年以上通ってているメンバーはゴールド会員(笑)
ここのところ年に2~3回はどこかに出品しているような?
今回の妖精もショップの依頼で製作しているそうです、頑張ってください!
c0183903_18261484.jpg


どんな感じで仕上がるのか楽しみですが、
きっと予想外の仕上げになるのでしょうね・・・
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-18 09:28 | 教室情報
2009年 01月 17日

人形写真 ・ 「Ecole ~エコール~」 1

人形と人形写真は別もの・・・
苦労して時間をかけてやっと仕上がった人形。

そんな人形、特に良くできた時など人に見てもらいたいですよね。
でも人形をいつも持ち歩くわけにもいかないし・・・
人形の写真を携帯の待ち受けにしたり、アルバムに入れて友人に見せたり、
ニヤニヤして楽しんだり、(笑)経験あるのでは?

カメラの進歩は急速に進み、今やデジタルがあたりまえの時代になりました。
露出、ピント合わせは自動(オートフォーカス)、そして手ぶれ補正、
携帯にも高性能のカメラが付いて、いまや写真撮影で失敗のない時代です。

僕が写真を勉強していた頃はフィルムを現像したら、まったく写っていないとか、
ピンボケ、なんてことがよくありました。

カメラの性能が良くなったことで、誰でもシャーターを押すだけで良い写真を
撮れる確立は高くなったと言えます。
後は感性ですね!

人形を綺麗に可愛く撮って欲しいと思うのでしょうが、
カメラのレンズは肉眼と違って正直、時には人形の欠点も映し出してしまいます。

ピグマリオンのHPにメンバーの完成した人形を紹介する「0月の人形」があります。
布バックでのポートレートでシンプルな写真です。
ある意味シンプルなポートレート写真は人形そのものが勝負になりますので
厳しくもあります、
初めて作った人形、やはりアップには耐えられなかったりしますものね。

人形と写真で遊べる世界もあります。
「Ecole ~エコール~」
ルシール・アザリロヴィック監督・脚本の映画「Ecole」の公開に合わせて、
配給会社の企画で持ち込まれた仕事でした。

c0183903_057912.jpg


人形を陽月さん、衣装をアニエス・べーが担当して、映画「エコール」の世界を人形で
表現しようといった企画でした。
最終的にアニエス・ベー2店舗での展覧会、飛鳥新社の協力も得て人形写真集
「エコール」の出版、と、企画は最初より大きく膨らみました。

映画の設定に合わせてロケをしたり、セットや小道具を作ったり、
映画の宣伝のため、すべてこちらの自由な表現で、とはいかなかったのですが、
以前からやりたかった、「人形を使った寓話の世界」が実現しました。

c0183903_05829100.jpg


火を使った写真、以前にも自分の作品で撮影していますが、
可愛い花火の写真、エコールのストーリーから離れた写真だったので
ボツになりかけたのですが・・・
お気に入りの1カットです。



人形写真も時々紹介していきます。
撮影の裏話など・・・
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-17 01:11 | 人形写真
2009年 01月 16日

今日の教室


金曜日午前クラス、
micanさんのマスク作品原型を石膏で型取。

板で型枠を準備して石膏を流し込みます。
マスクなので片面のみですから楽です。
c0183903_13423748.jpg
c0183903_1343049.jpg

しか~し、油土が硬質なものを使ったため、ナカナカ外れません。
c0183903_13431485.jpg

少しずつ油土を取り除いて・・・・はずれた!

この後、張子で仕上げたいとのことで、張子紙の張り込み作業です。
今回はマスクですが、型があると型から抜いた素材でイロイロ遊べるので楽しい作品が
たくさん作れそうですね。


          ・・・・・・・・ 教室の空席状況 ・・・・・・・・

金曜日午前クラスは現在空席があります。
入会を希望される方は入会可能ですので、ぜひ見学にいらっしゃってください!

教室案内
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-16 15:09 | 教室情報
2009年 01月 14日

佐藤美穂個展

久しぶりに銀座へ・・・
佐藤美穂さんの個展が今日、14日から始まりました。

会場には可愛くて迫力のある少女、少年の人形が!
ぜひ足を運んでご自分の目でご覧になってください。
c0183903_21581954.jpg

オリジナル、ビスク、トルソー、16体の人形が展示されています。
c0183903_2283091.jpg
c0183903_2284670.jpg


会場: 松屋銀座7階美術サロン

    東京都中央区銀座3-6-1

会期: 2009年1月14日(水)~1月20日(火)

     朝10時から夜8時まで(最終日午後5時閉場)
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-14 22:00 | 人形展情報 | Trackback
2009年 01月 12日

吉田 良の人形回想録 1

ブログを始めて教室の情報だけでもつまらないかな?、との思いから、
私が人形を始めてからの思い出に残る出来事などを、時々掲載しようと思います。
「やめときゃよかった」とすぐにでも後悔しそうですが・・・
まずは「ドール・スペース・ピグマリオン」に関して。

ピグマリオンを開設したのは1883年の末、たしか12月だったような?
私が人形を作り始めたのが1973年頃ですから人形を始めて10年後のことです。
ピグマリオンを始めて、すでに丸25年が経過してしまいました。

いきなり何の下地もなく始めたわけではありません、
その10年間の間に、代官山の「仏蘭西館」、目白の「竹取物語」といった人形の
お店が開設していた人形教室で講師をしていました。

人形を作り始めて10年、そろそろ本気で一生の仕事として人形作りに取り組む
時期では、・・・そのための「自分のアトリエを構えよう!」
できればそこへ人形を作る人たちが集まって交流したり、仲間で発表活動をする
場にもなれば・・・
そうなんです、ピグマリオンは最初は私のアトリエ、として始まったのです。

c0183903_0164665.jpg



ところが事情があって「竹取物語」の教室から身を引く事になって、
つまりは、そちらへ来ていた生徒さんたちを引き受ける事になってしまいました。
半分アトリエ、半分教室って感じのスタートになったわけです。

教室として始めるにあたってどうすべきか。
人形の技法は多様です。
一つの技法だけを教える教室では視点が狭くなるのではないか、
ある程度違った技法を幾つか習った上で、自分に合った製作スタイルを発見できるのが
良いのでは、との思いから、最初は基礎課程のカリキュラムがありました。
簡易的な関節人形、布張り人形、ポーズ人形、張子技法,型抜き技法、他・・・
当時は辻村寿三郎先生、与勇輝先生、に代表される布張りの人形が主流でもありました。
私自身20代の頃は両先生の影響を受けた作品を作っていました。
この頃、ポーズ人形を作っていた事が人形を全身でとらえるといった意味でとても勉強になりました。
人の形を作る、たとえば頭。
輪郭があって、目、鼻、口、耳、があれば頭にはなります。
子どもが作ったように稚拙な形でも頭にはなります。
自分がそこに描くイメージどおりの形になっているのか、
ただなんとなく出来上がった形でも最初は満足ですが、幾つか作り上げるうちに
「違うんだよな~」となったりします。

私は専門的な美術の教育を受けたわけではありませんので、
デッサンなんぞ描いた事がなかったのです。
「やはり人形を作る上で人の形を理解する事は必要だろう」
当時の住まいの近くにあったクロッキー教室に通い、
裸婦デッサン、クロッキーをしばらく勉強しました。

話がそれましたが、
そのデッサンの先生、佐藤重明氏(画家)にもピグマリオンで講師をしていただいた時期があります。
ピグマリオンにデッサン・クロッキーのクラスがあったのです。
仲間の造形作家、吉川ゴエモン氏には裸婦を前にして粘土で造形する立体クロッキー?
クラスを指導していただきました。

人形製作の多様な技法や基礎が学べる教室を目指したのですね。
そのために個性ある作家に講師をお願いしてきました。
現在のピグマリオン講師は水澄美恵子、本城光太郎、佐藤美穂、陽月、そして吉田良。

創設期には菊池恵美子(故人)、渡邊素子、吉川ゴエモン、佐藤重明、その後、浅見恵子、
天野可淡(故人)、と言った作家のみなさんの協力を得る事ができました。

ありがたいことです。
人形を習いに来る人たちにも恵まれました。
すべての人が才能に恵まれるわけではありませんし、
長い間人形制作に携われるわけでもないでしょう。
短い期間でも好きな人形と向き合い、人形を創作する行為、
人形に限らず、イメージを形にする楽しさはその人の人生を豊かにすると信じます。

現在でも当初の気持ちは基本的に変わっていません。
現在、主流は球体関節人形ですが、ビスクドール、布張り人形、ポーズ人形、オブジェドール
など、多様な人形達がピグマリオンの空間を通して生まれています。

今、ピグマリオンで勉強している、貴方!アナタが次世代を担う人形を生み出すかも!
そうなってくれるのがピグマリオンへ託した私の夢。
期待してますよ。みなさんに・・・


Doll Space PYGMALION
 YOSHIDA Ryo
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-12 19:08 | 人形回想録 | Trackback
2009年 01月 11日

今日の教室


今日は2009年初の日曜クラス。
ピグマリオンには教室が2部屋あります。
こちらは201号室、
通称第一教室。
c0183903_1584579.jpg

c0183903_1535757.jpg

Mr,Kが製作中の一体目、彩色の仕上げ段階、まだこの後、難しい髪付け作業が・・・
ピグマリオンの男性率は現在10%程度かな?
c0183903_1542666.jpg

彼女は9体目の芯を削っています。
発砲スチロールを削って芯を作るのですが、この方法だと1mを超える人形などには
粘土の無駄もなく粘土の肉厚を均等に調整できます、
型を使わずに大きいオリジナル人形を作るには有効です。
個人のペースで作業していますので、作業内容はみなさん違います。
c0183903_1575115.jpg

彼女は韓国から勉強に来ています。
2月には帰国するのであと2ヶ月で仕上げなくては・・・
今日は下地塗り作業、モデリングペーストを数回塗った後の表面を整えています。
ガンバッテ完成させて帰りましょうね!!
[PR]

# by pygmaliondoll | 2009-01-11 15:05 | 教室情報 | Trackback