人気ブログランキング |

球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 02日

~三浦悦子とマスクを作る・2017~

PYGMALION workshop 

好評の三浦悦子とマスクを作るワークショップの参加者を募集いたします。
昨年は動物マスクでしたが、今回の2017バージョンは人面マスクになり少しグレードアップいたしました。

                               三浦悦子による作例-1 
             
~三浦悦子とマスクを作る・2017~_c0183903_13460561.jpg





       
ハロウィンに向けて世界に一つだけのオンリーワンのマスク作りを楽しんでください。
ピグマリオンの会員以外の皆様の参加も大歓迎です、どうぞお気軽にご参加ください。

革を使ったマスクの制作により三浦悦子の作品作りのテイストをご本人の指導と交流によって体験していただけたらと思います。
素材・道具は用意いたします、もちろんご自分のデザインでのアレンジも可能です。

時間的な制約もありますので、皮を貼ってある部分、顔の上部(作例ー2)を制作していただくことになると思います。
造形作業に慣れていて作業が早い方は彩色部分や角など(作例ー1、作例ー3)を作ってグレードアップされるとより素敵な作品になるかと思います。

                                    作例ー2
~三浦悦子とマスクを作る・2017~_c0183903_13454956.jpg
~三浦悦子とマスクを作る・2017~_c0183903_05353964.jpg


会場は三浦悦子が人形制作を学んだピグマリオン人形教室です。

日時:2017年10月22日(日曜日) 12:00~17:00‐
定員: 8名 10月10日より受付
会場:ドールスペース・ピグマリオン
〒158-0083世田谷区奥沢6-28-14-林コーポ201

お問い合わせ・申し込み:pygmalion.no1@gmail.com

三浦悦子ワークショップへの申し込みは下記の項目にご記入の上メールにて
pygmalion.no1@gmail.com ドールスペース ピグマリオンへお申し込みください。

10月10日よりの受付となります。(10日0:00より前の申し込みは無効とさせていただきます。)
定員に達しましたので今回の受付は終了させていただきます。
ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三浦悦子WSへの参加を申し込みます。
お名前:
電話番号:
メールアドレス:

申し込みメール受け取り後参加費用の振り込み先をご連絡いたします。
材料費を含むため参加費用は先払いとさせていただきます。
振り込み確認によって受付の完了となります。

皆様のご参加をお待ちしております。

Doll Space PYGMALION
〒158-0083世田谷区奥沢6-28-14-林コーポ201 
http://pygma.exblog.jp/ tel 03-3704-3730 

                                    作例ー3
~三浦悦子とマスクを作る・2017~_c0183903_13445233.jpg

昨年参加された方たちの作品
~三浦悦子とマスクを作る・2017~_c0183903_05412049.jpg






# by pygmaliondoll | 2017-10-02 14:03 | ワークショップ
2017年 09月 01日

水澄美恵子ワークショップ


水澄美恵子 ワークショップ

~袷の着物を縫う~

水澄美恵子ワークショップ_c0183903_10390977.jpg
 
水澄美恵子ワークショップ_c0183903_10002937.jpg
人形の着物を作りたいけれど、難しいのでは?と思っていませんか、

確かに初めて作るのは簡単ではないかもしれません。

通常着物を縫う勉強の過程では、最初は縫いやすい生地を使って浴衣から縫い始めるのが一般的です。

今回水澄美恵子先生のワークショップではいきなり袷の着物を、味わいのある古裂を使って作ります、

水澄先生が今まで多くの人形を作る中で工夫してきた技法を纏めた教本『人形のための着物の縫い方』そして、


水澄美恵子ワークショップ_c0183903_10405792.jpg
水澄美恵子ワークショップ_c0183903_11135473.jpg




あらかじめ裁断された生地を教材として使用することで、初めて着物を縫う方でも素敵な袷の着物が作れるのです。


水澄美恵子ワークショップ_c0183903_10140995.jpg

今回のきものは腰上げをしてある状態で着丈 27cm。

写真の人形の身長34cmです。




縫う過程で人形のサイズに合わせた型紙の作り方や疑問点なども教えていただけます。

一回の講習で縫い上げるのは難しいので3回の講習になります。

講習日は日曜日の午後になります、この機会にぜひご参加ください。

会場:ピグマリオン人形教室

日時:9月24日(日曜日)、10月8日(日曜日)、10月29日(日曜日)の3日間

12:00~17:00

定員: 8名 


会場:ドールスペース・ピグマリオン
〒158-0083世田谷区奥沢6-28-14-林コーポ201

お問い合わせ・申し込み:pygmalion.no1@gmail.com

ワークショップへの申し込みは下記の項目にご記入の上メールにて
pygmalion.no1@gmail.com ドールスペース ピグマリオンへお申し込みください。

9月10日よりの受付となります。(10日0:00より前の申し込みは無効とさせていただきます。)

定員に達しましたので今回の受付は終了させていただきます。
ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水澄美恵子ワークショップに申し込みいたします。

お名前:

(フリガナ)

電話番号:
メールアドレス:

*ピグマリオン会員や水澄美恵子教室会員の方はその旨を明記してください。

申し込みメール受け取り後参加費用の振り込み先をご連絡いたします。
材料費を含むため参加費用は先払いとさせていただきます。
振り込み確認によって受付の完了となります。

皆様のご参加をお待ちしております。

Doll Space PYGMALION
〒158-0083世田谷区奥沢6-28-14-林コーポ201 
http://pygma.exblog.jp/ tel 03-3704-3730 





# by pygmaliondoll | 2017-09-01 13:24 | ワークショップ
2017年 07月 10日

三浦悦子とオブジェを作るー2

PYGMALION workshop 

~三浦悦子とオブジェを作る~

三浦悦子とオブジェを作るー2_c0183903_14161606.jpg



好評の三浦悦子ワークショップを開催いたします。
ピグマリオンの会員以外の皆様の参加も大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。

今回は三浦悦子のトルソ作品を素材にしてオブジェとの組み合わせで作品を作っていただきます。
三浦悦子の作品作りのテイストをご本人との交流と指導によって
体験していただけたらと思います。
素材・道具は用意いたします、もちろんご自分のデザインでのアレンジも可能です。



三浦悦子とオブジェを作るー2_c0183903_18094243.jpg
今回はボックスタイプの材料を用意いたします。
(材料のうち歯車は別売となります)
彩色をするタイプ、革を貼るタイプ、ご自分のアイデアで仕上げてください。
前回のWSに引き続き、新たに革貼りBODY製作も希望者にご指導します。
            前回の参加者の作品

                                                              
              
三浦悦子とオブジェを作るー2_c0183903_14145761.jpg



各サイズ
BODY:縦16㎝.横(肩幅)6㎝

箱(内径):25㎝×15㎝×奥行4.7㎝

会場は三浦悦子が人形制作を学んだピグマリオン人形教室です。


Doll Space PYGMALION
〒158-0083世田谷区奥沢6-28-14-林コーポ201 
http://pygma.exblog.jp/ tel 03-3704-3730 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三浦悦子によるその他の作例
https://twitter.com/miura_etsuko

三浦悦子とオブジェを作るー2_c0183903_08325201.jpg

三浦悦子とオブジェを作るー2_c0183903_08324331.jpg












# by pygmaliondoll | 2017-07-10 07:19 | ワークショップ
2017年 02月 27日

~Borderless Dolls ~





~Borderless Dolls ~_c0183903_22161049.jpg
~Borderless Dolls ~_c0183903_22154377.jpg
~ヒトガタのなかの7ツの世界~

近年、人形の表現は従来の愛玩人形やファッションドールからフィギュア、球体関節人形、オブジェ、AI、と多様になり素材、技法、形態も変化し、進化しています、そしてそれぞれのスタイルの中でもその境界を超える様な表現もなされています、
人形に魅了されてヒトガタを作り始め、作者それぞれのヒトガタへの拘りによって人形作品は誕生し独自の世界が展開されています。
今回、FEI ART MUSEUM YOKOHAMAの企画によって個性的な創作人形作家たちによる7つの世界を展示いたします。それぞれの世界が見る者の目にはどのように映り、作者の世界と繋がれるのでしょう 。


出品作家

三浦悦子
陽月
愛実
FREAKS CIRCUS
本城光太郎
水澄美恵子
吉田 良

会期:4月11日~4月28日(最終日は17時まで )
営業時間:10:00~19:00 月曜休廊
会場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
  〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
  ℡:045-411-5031 FAX:045-411-5032 
E-mail. artmuseum@fukasaku.jp
HP: http://www.f-e-i.jp/

*4月15日(土曜日)17:00~19:00 レセプションパーティー
お気軽にご参加ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

~Borderless Dolls ~_c0183903_72718100.jpg


三浦 悦子 プロフィール
2000 ドールスペース ピグマリオン卒業< ( 吉田良に師事 )
初の個展 ( デザインフェスタギャラリー/東京 )
2003 作品集出版記念展「義躰少女」出版:カンゼン  (LE DECO /東京 )
2004 「球体関節人形展 Dolls of INNOCENCE 」参加 ( 東京都現代美術館 )
2004 アニメ「コゼットの肖像」イメージドール<   
2005 ポストカードボックス「義躰標本室」出版:ステュディオ・パラボリカ
個展「義躰標本室」 (HIGURE17-15cas /東京)企画:ステュディオ・パラボリカ(大阪巡回)
2005 アニメ「地獄少女」イメージドール制作< 企画:アニプレックス、ソニー・ミュージックエンターテイメント
2007 作品集出版「フランケンシュタインの花嫁」出版:エディシオン トレヴィル撮影:谷敦志
2009 ミレーヌ・ファルメール ( フランス歌手 ) アルバム「 Pointdu Suture< 」ジャケットのドール制作
2013 映画「バイロケーション」イメージドール制作 企画: KADOKAWA
2014 作品集「聖餐」出版記念展 出版:エディシオン・トレヴィル(スパンアートギャラリー/東京)
2015 作品集「 REINCARNATION/ リーインカーネーション」出版 : エディシオン・トレヴィル / 撮影 : 吉田良
2015 「トレヴァー・ブラウン& 三浦悦子 / 二つの聖餐 -闇から光へ-」 2 人展 (Bunkamura ギャラリー )
★その他多数 , 個展やグループ展参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~Borderless Dolls ~_c0183903_7313734.jpg



陽月 プロフィール
1998年 ドールスペース ピグマリオンにて吉田良氏に師事。現在は講師も務める。
2006年秋に公開された仏映画『Ecole』のイメージドールを作成し、展覧会及び写真集『Ecole~エコール人形写真集』を発表。
2007年4月 第一回個展。
資生堂『花椿』やSound HorizonのPVにも作品を提供した。
2012年2月 作品集『Hizuki doll』を発売、新宿マルイワンでの展示に続き、12月にはジェオグラフィカにて第二回個展。
2015年12月 『ジェオグラフィカ人形展 La prière de poupées-祈り-』に参加。
2017年1月 『COCORA自閉症を生きた少女』(天咲心良著 講談社刊)の表紙に作品を提供。
その他、丸善、パラボリカ・ビスなど展示会多数。


------------------------------------------------------------------------------------------


~Borderless Dolls ~_c0183903_7243981.jpg



愛実プロフィール
2004年 人形教室ドールスペースピグマリオンへ。吉田良先生に師事。
2013年 個展「release」ヴァニラ画廊
2014年「CONDENSED VANILLA2014」ヴァニラ画廊
     「夜想#人形展」パラボリカビス
     「人形偏愛主義」Bunkamuraギャラリー
     「幻獣神話展」Bunkamuraギャラリー
     「人・形展」 丸善・丸の内本店
     「CUBE」スパンアートギャラリー
     「種」ギャラリールデコ
2015年 「幻獣神話展Ⅱ」Bunkamuraギャラリー
      「人・形展」丸善・丸の内本店
      「ima展」ホルベイン賞受賞
2016年「幽霊画廊Ⅲ展」ヴァニラ画廊
     「幻獣神話展Ⅲ」Bunkamuraギャラリー
     「Doll’s Show」六本木ストライプハウス
     「人・形展」丸善・丸の内本店
     「ima展」東京都美術館


――――――――――――――――――――――――――――――
~Borderless Dolls ~_c0183903_7254142.jpg


FREAKS CIRCUSプロフィール

クロ、シロの2人組。

2003年よりDOLL SPACE PYGMALIONにて陽月氏に師事
2014年 個展「あんあんり」銀座ヴァニラ画廊
      「FREAKS CIRCUS人形作品集」出版
2016年 個展「きみのつみわたしのかみさま」銀座ヴァニラ画廊
その他グループ展、企画展に多数参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~Borderless Dolls ~_c0183903_7265192.jpg


本城光太郎プロフィール
1961年、埼玉県生まれ。
早稲田大学第一文学部演劇学科卒。
人形作家浅見恵子氏に師事、人形制作に携わる。

87年、第3回人形達展特選。
88年、初個展開催。
以後、個展を89年、92年、99年に開催。
企画展等にも多数出品。



----------------------------------------------------------------------

~Borderless Dolls ~_c0183903_7263298.jpg



水澄美恵子プロフィール  

1986 吉田良氏に師事
1989 第1回個展「イーハトヴ幻燈会」東京「せ・らーる」にて開催
   以後今日まで東京、名古屋、静岡各地で個展20回開催
1998 「京・舞妓人形展}大阪、新宿、千葉を巡回
2006 ポーラ化粧品カレンダーに起用される
2009 「木造校舎の子供たち展」三重、パラミタミュージアム
   私の針仕事展」特別出展 東京、広島、神戸、岡山、千葉を巡回
2013 「昭和の元気な子どもたち展」 京都 美術館「えき」
2014  横浜そごうにて個展
2015        ”
2016        ” 
   その他グループ展、企画展多数




--------------------------------------------------------------------------------------

~Borderless Dolls ~_c0183903_7315528.jpg


吉田良プロフィール
1952年 川崎市生まれ
1973年 人形制作を開始
1983年 自由が丘にドールスペース・ピグマリオンを設立し人形教室を主宰、現在に至る

2004年、映画『イノセンス』公開記念展覧会『球体関節人形展~DOLLS OF INNOCENCE~』 東京都現代美術館
2006年 『花より工芸』 東京国立近代美術館工芸館 (工芸館収蔵作品展)
2011年 2月・「ハンス・ベルメール展」 パラボリカ・ビス 
2015年 映画 「劇場霊」 人形協力。
個展、グループ展示、映像作品への協力、など多数。

出版
2006年 『Ecole(エコール)―Les poup´ees d’Hizuki dans l’Ecole』/ 撮影 : 吉田良(飛鳥新社刊)
2006年 吉田式 『吉田式球体関節人形制作技法書』(ホビージャパン刊)
2007年 吉田良人形作品集『解体人形/Articulated Doll』新装版(エディシオン・トレヴィル刊)
2007年 天野可淡人形作品集『KATAN DOLL RETROSPECTIVE』など KATAN DOLLシリーズ/ 撮影 : 吉田良 (エディシオン・トレヴィル刊)
2012年 陽月作品集『HIZUKI DOLL』/ 撮影 : 吉田良 (飛鳥新社刊
2014年 吉田式Ⅱ 『吉田式球体関節人形制作指導書』(ホビージャパン刊)
2015 年 三浦悦子作品集「 REINCARNATION/ リーインカーネーション」/ 撮影 : 吉田良(エディシオン・トレヴィル刊)

# by pygmaliondoll | 2017-02-27 07:10 | 人形展情報
2017年 01月 27日

平田郷陽作『粧い』


平田郷陽作の『粧い』 昭和6年作
何度か見ているのですがどうしてもまた見たくなって、横浜人形の家へ行ってきました。
日本女性の何とも色っぽい佇まいにため息が漏れます。
平田郷陽作『粧い』_c0183903_11373307.jpg
平田郷陽作『粧い』_c0183903_11370745.jpg
平田郷陽作『粧い』_c0183903_11372164.jpg

『粧い』気になったのが胡粉の肌に浮いてきている滲みのようなもの、よく見るとソバカス肌になってきています。
着物にも数か所虫食いのような穴が、80年以上前の作品で常設公開されている作品ですが・・・
今、これほどの技量を持った人形師はいるのだろうか、しっかりした保存を望みます。
平田郷陽作『粧い』_c0183903_11453479.jpg
平田郷陽作『粧い』_c0183903_11455224.jpg
昨年ツイッターに投稿した記事ですが資料としてこちらに掲載しました。


# by pygmaliondoll | 2017-01-27 11:51 | 人形写真