球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 15日

雛人形

c0183903_62418.jpg
十数年ぶりに雛人形を押し入れから出して飾りました。
雛段がないので即席の三段飾り、
人形、道具類も多いので本来は七段飾りかな。
もとは子女の人形遊びのようです、旧暦の3月の節句、今の暦で4月頃に祝ったようで「桃の節句」となったとか、雛人形は日本の人形史を代表する人形です、ゆっくりと楽しみたいと思います。
c0183903_651331.jpg

内裏雛、親王(男雛)
c0183903_654533.jpg

c0183903_66190.jpg

雛諸道具、の中でも特に目を引くのが親王の腰に納まる刀、
男目線だと思いますが、
装飾的な刀だろうと思いつつ刀身を鞘から抜き出そうとすると、
抜けた!
刃こそ附けられていませんが金属の質感などかなり巧く作られています。
c0183903_6172127.jpg

c0183903_6175422.jpg

内裏雛、親王妃(女雛)
c0183903_662079.jpg
c0183903_6727.jpg

「雛人形」は、宮中の平安装束を模している。「女雛」の髪型は主に大垂髪(おすべらかし)、平安時代からの垂れ髪形式が江戸時代後期に完成された比較的新しい髪型で、ビン(前髪部分)を大きく張った髪型である
c0183903_610496.jpg
c0183903_6111390.jpg
c0183903_6114885.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2015-03-15 06:35
2015年 03月 15日

雛人形

随身(ずいしん)、通称右大臣(若者)と左大臣(年配者)、
いずれも武官で、近衛中将または少将、だそうです。
c0183903_6264890.jpg
c0183903_6271154.jpg
c0183903_6273351.jpg

雛諸道具、
江戸時代享保年間からの一時期「雛は八寸以下、雛諸道具は蒔絵は不可」という時期もあったようです。
ミニチュア好きにとって、本物と同じように作られたお道具類は垂涎の的ですね!
c0183903_6291586.jpg
c0183903_6294383.jpg
c0183903_630615.jpg
c0183903_6302325.jpg
c0183903_6303741.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2015-03-15 06:30
2015年 03月 15日

雛人形

三人官女、内一人はお歯黒で眉なしの年長者、
雛人形にも約束事があるのですね。
c0183903_554244.jpg
c0183903_5544117.jpg


五人囃子
謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓、能のお囃子を奏でる五人の楽人。
c0183903_5502655.jpg
c0183903_5504633.jpg
c0183903_5511292.jpg
c0183903_5521181.jpg



雛人形の仕丁、従者3人のことですがそれぞれに表情があります。
草鞋を履いてる!
c0183903_544085.jpg
c0183903_5442562.jpg
c0183903_5444676.jpg
c0183903_5453081.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2015-03-15 05:45 | 人形写真
2015年 03月 12日

平田郷陽の三つ折れ人形

平田郷陽作・片岡仁左衛門
当時、平田郷陽はこの人形を三つ折れ人形として作ったのかな・・・


略歴によると、平田郷陽は生き人形師安本亀八(二代、三代)に師事していた父について13歳で人形制作の修行に入ったそうです。この時代に長男で家業を継ぐ二代目としては当たり前のことであろうと思いますが、人形師としての英才教育を受けていたといえます。
21歳(大正13年)の時には父を病で失い二代目を襲名、人形制作で一家八人を養うことになったそうです!
人形制作で一家8人を養うのは大変で、人形に関する仕事は何でもこなしたようです。
当時すでに生き人形興行は衰退し、生き人形は博覧会や百貨店に展示されるマネキン人形となっていました。
22歳の時には女優岡田嘉子の似顔人形制作、
24歳、昭和2年には答礼人形の制作
25歳、京都に滞在し女優の似顔人形を制作、博覧会用のマネキン人形も手掛ける。
28歳の昭和6年1月には代表作の「粧ひ」が完成します。



c0183903_22255483.jpg



片岡仁左衛門が作られたのが大正末~昭和初期となっています。
この頃、平田郷陽は女優の似顔人形やマネキン人形を多く制作しています。
歌舞伎役者の似姿を作るのは自然なことであったと思います。
関節構造は球体関節で、ヨーロッパのビスクドールや絵画のデッサン用人形から影響を受けたのだと思います。
膝や足首の曲り方をみると正座できるようになっているようです、
この時代に球体関節人形という名称はなかったと思いますし、
日本の人形の流れを考慮すると三つ折れ人形として作られたのではないかと思います。

c0183903_22281673.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2015-03-12 17:13 | 人形写真