球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 18日

創作人形展 「春」

c0183903_1232875.jpg


創作人形展「春」

4月17日(水)~23日(火) 丸善丸の内本店4Fギャラリー
午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)



参加作家
秋山まほこ/雨沢聖/大塩雅子/小畑すみれ/影山多栄子/化甫/亀島利子/柘榴/佐々木士甫/珠子/粧順/白砂かげ/鈴木ゆきよ/せいこ/題府洋子/玉青/土谷寛枇/友重のりこ/Noe/萩原まさえ/ハナブン/ヒラノネム/藤伸/Mamaru/丸美鈴/マルヤマミホ/美夜花りり/森下ことり/羊毛倉庫  (五十音順・敬称略)
[PR]

by pygmaliondoll | 2013-04-18 12:36 | 人形展情報
2013年 04月 11日

京都

c0183903_1153381.jpg



昨日は京都にいました。
今年の桜は終盤、例年より早く咲いたようです。
鴨川沿いの満開の桜並木を散歩したいと思っているのですが・・・


京都造形芸術大学マンガ学科での今年度の球体関節人形講座が今月から始まりました。


c0183903_11511087.jpg


まずは各自のイメージを実物大に描いて、芯材を削り出す工程です。
スチロールを削る作業が一番散らかる作業、

人形を作ることで人体を立体的に捉えることを学んでほしいと思います。

c0183903_11512685.jpg


c0183903_11552465.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2013-04-11 13:26 | 京都造形芸術大学
2013年 04月 11日

水澄美恵子創作人形展

c0183903_11583878.jpg



大学の講義、実習終了後、美術館 「えき」 KYOTOで開催中の
水澄美恵子 創作人形展 -昭和の元気なこどもたち- を見てきました。

京都駅の吹き抜け大階段は迫力があります。

美術館 「えき」 KYOTO

■4月4日(木)~23日(火)[会期中無休]
■開館時間:午前10時-午後8時(最終日は午後5時閉館)
  入館締切:各日閉館30分前
■入館料:一般 700円(500円)、高・大学生 500円(300円)、小・中学生 300円(200円)

c0183903_11585921.jpg


大階段からのギャラリー入り口

昭和生まれの団塊の世代にとっては懐かしい情景が人形によって再現されています。
子供たちだけでなく大人たちの表情も豊かです。
おおらかであった昭和の時代、庶民の生活がユーモアも交えて表現されています。

盆踊りや結婚披露宴、他、群衆を通しての表現、人形の数にも圧倒されます、
繊細に良くできた人形たちは一体一体が表情を持ち丹念に作られています。

またしても水澄さんに驚かされました。
彼女が日々を人形制作に捧げる,修行僧のような姿を想像してしまいます。

素晴らしい人形たちの展示は4月23日までです、
ぜひご高覧ください。
c0183903_11593735.jpg
c0183903_1251839.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2013-04-11 12:03 | 人形展情報
2013年 04月 04日

マンタム個展「 残骸に在るべき怪物 」

c0183903_15454270.jpg


奇才マンタム氏の個展です。
詳細はパラボリカ・ビス

マンタム氏の作品集「鳥の王」が晶文社より5月中旬に発売されます。


c0183903_15455375.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2013-04-04 16:06 | 展覧会情報