<   2009年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

Naruto Doll /Vampire's boy Ⅱ

夜想#耽美
インタビューウィズバンパイアという映画がありました。
トム・クルーズとブラッド・ピットが主演のドラキュラ映画、
ビジュアル系の少年人形を作るNarutoさん的にははずせない映画のようです。

2体の少年バンパイア人形のからみで撮影しました。
棺に水を張って、ドライアイスのスモーク、赤いバラをあしらって、・・・
耽美でベタなイメージで。
c0183903_0214996.jpg



c0183903_0221074.jpg


口元にチラッと見えるヴァンパイアの証
c0183903_0224246.jpg





蝋燭を使った写真ですが、
光を落として薄暗い情景での撮影になりますので、陰影や蝋燭の焔とのバランスが大切です。
当然ブレないように注意して。
c0183903_14104962.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-31 00:23 | 人形写真
2009年 01月 26日

Naruto Doll /Vampire's boy 1

夜想#耽美 のために撮影したNaruto Doll

人形も夜想#耽美のために新しく作られたもので、Narutoさんの好きなVampire's boyがテーマ。

ヴァンパイア!少女漫画的耽美のベタなイメージで遊んじゃいましょう。
蜘蛛の巣が張った洋館、霧のなかの棺、破れたカーテン、・・・赤い薔薇

小道具を用意して自宅のスタジオ?にアンティック家具や赤いビロードのカーテンで
それっぽい空間を演出しました。
c0183903_22563285.jpg


c0183903_2325824.jpg

写真としてはボケを生かした甘い雰囲気を狙ったのですが・・・
c0183903_22565547.jpg

燭台に赤い蝋燭、髑髏、祭壇、
演出したセットを作っても人形自体はやはりアップで撮影したほうが魅力的です、
たくさん撮影した写真の中からセレクトして使った写真は上の写真、
でも微妙な雰囲気も写真に写りますので、空間作りは大切です。
c0183903_22583329.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-26 23:44 | 人形写真
2009年 01月 25日

今日の教室

 

日曜日クラス、長尾都樹さんの作品が完成。
完成した人形はピグマリオンHPの今月の人形に掲載しています。
室内で撮影していると思われているようですが・・・
実は外で撮影しています、
階段の踊り場ですが光の具合がちょうど良いのです。
人形の肌は白いので直射日光だとコントラストが強くなりすぎてしまいます、
まずは日陰の光が散っている場所で撮影したほうが上手に撮れると思いますよ。

本人もカメラを持参して好きなアングルで・・・

c0183903_1263932.jpg


2月の人形に掲載されます。


第2教室、
Nagakawaさんの和紙を使った人形
全体にナチュラルな質感での仕上げ、
服も和紙で作り出しました、
完成まじかですね。

c0183903_16471247.jpg
c0183903_16475250.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-25 12:20 | 教室情報
2009年 01月 24日

中川 多理 個展

中川多理さんから個展の案内状が届きました。
2001年からピグマリオンで勉強されていましたが、
数年前、郷里に戻り、仕事をしながら人形製作に励んでいらっしゃいます。
ピグマリオンに入会された当初から才能を感じさせる作品を作られていました。
作品集も2月に発売予定とのこと、楽しみですね!

中川さん、今頃追い込み作業でしょ・・・ガンバッテくださいね~!!

c0183903_16383435.jpg


詳細は中川多理さんのブログでご確認ください。
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-24 16:35 | 人形展情報
2009年 01月 23日

今日の教室

金曜日午前クラス、
Nagaoさんがイージースリップの鋳込み作業をはじめました。
昨年三ヶ月かかって型取りを終え、先週から型にスリップを流し込み、
抜き取る作業に入りました。
c0183903_12451715.jpg

流し込んだスリップの固まり具合をチェックして排泥のタイミングをみています。
c0183903_12453896.jpg

鋳込み口の小さい型は中の余分なスリップを排出しにくいので、ストローで空気を吹き込み、
その圧力でスリップを流しだします。
c0183903_12473324.jpg


c0183903_16164716.jpg

c0183903_16391094.jpg


午後クラスの終了時間までガンバッテ、
ボディー、頭、がきれいに抜けました・・・
慣れるまではチョット手こずりましたが、
頑張った甲斐がありましたね!


塗装コーナーではTsunakiさんが最初の人形の塗装、
モデリングペーストをベースにして好みの色を作り、スプレーガンで塗装します。
c0183903_1248889.jpg

初めてにしてはナカナカきれいに塗れています。
3~4回は塗り重ねて、厚みを付けます。
c0183903_12483868.jpg

この後、パステルや絵の具を使って微妙な肌あいを表現していきます。
人形らしくなって、生命感が出てきます、
後は仕上げの楽しい作業が待っていますよ・・・・
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-23 12:48 | 教室情報
2009年 01月 23日

昨日の教室


木曜日、午後クラスのYukiちゃんが一年がかりで作るカラクリ人形。
Yukiちゃんは、蛇腹の関節人形を作ったり、
おじいちゃん、赤鬼、と・・・チョット変わった発想をするお嬢さんでした、
が、Yukiちゃんもついにゴールドメンバーの仲間入り・・・
c0183903_15344834.jpg
c0183903_15351762.jpg

背中側のクランクを回すと口が開いたり閉じたり・・・
c0183903_15354158.jpg

その口の動きに合わせて、コメカミとノドボトケも動きます・
コメ神、ノド仏、・・・神と仏が居るわけですね!
「ど~や、ホーリーやろ!」
「ハイ~参りました・・・」


c0183903_1551938.jpg

難しい動きの部分のメドがついて、後は彩色、仕上げ。
もうチョットやな・・・


c0183903_15513125.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-23 11:12 | 教室情報
2009年 01月 22日

「Ecole ~エコール~」 3

「Ecole」の人形版のお話を進めるうちに、
ルシール・アザリロヴィック監督の表現している世界がそれまで私の作ってきた人形の映像
世界と重なる部分があるように思えました。
もちろんすべてではありませんが・・・

撮影を進めるうちに、ストーリーと離れたイメージも湧き上がり、映画のシーンにはない
映像も幾つか撮影しました。
写真を撮影しているとイメージどおりに写すのは当然ですが、
時として意外な写り方をする場合もあります。

光は写真を撮影する上での超重要な要素です、
光がないと写真は写りませんから~(笑)・・・

エコールの撮影では、森、水、人形達の遊戯、を僕なりのテーマにしました。

c0183903_1032793.jpg

水は大好きです、
水は映像の中で常に形を変えて写り込み、写真にインパクトを与えてくれます。

c0183903_10204014.jpg


c0183903_11382152.jpg

c0183903_10213041.jpg


撮影は現場での設定が重要です。
被写体の表情、写りこむ背景や光の表情、
そしてカメラのレンズ、シャッタースピードや絞りの設定でも写る写真は変わってきます。
撮影の間はすべてに神経を使い緊張しますが、この緊張感が好きなのです。

かつて暗室で現像液の匂を嗅ぎながら行った作業が今はパソコンの前で、
たくさん撮影した写真のなかから良さげなカットを選び、
微妙な色調、コントラスト、トリミングなどを調整します。
撮影して終わり、・・・ではないですね。

「写真を仕上げる面白さ」が暗室がなくても楽しめます。

デジタルカメラに付属しているソフト、使っていますか?
皆さんも人形を撮影したら写真のソフトを使って楽しみましょう・・・
c0183903_1441735.jpg


「Ecole ~エコール~」はAmazonにて購入できます。
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-22 00:30 | 人形写真
2009年 01月 21日

人形回想録2・マネキン人形とベルナール・フォコン

我が家に10年以上前から住んでいるマイキーちゃん。
麦わら帽子を被り、釣竿を持って階段の踊り場に立っています、
ボーとして階段を上がってくると、人の気配にドキッとします。
等身大の人形って存在感あります。

ヨーロッパの古いマネキン人形。
「ベルナール・フォコン」って写真家、知ってますか?



c0183903_21341117.jpg


More
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-21 01:27 | 人形回想録
2009年 01月 19日

「Ecole ~エコール~」 2

作品撮影のカメラをデジタルに切り替えたの5年ほど前だったと思います。
HPのギャラリー(今月の人形)はそれ以前にコンパクトのデジカメを使っていました。
当時400万画素の上級コンパクトカメラの値段で、今や1000万画素の一眼レフ
カメラが買えます。

一眼レフカメラの高級機種は2000万画素を超えましたね。

ただしデジタルカメラで撮影した画像を処理するにはPCが必要不可欠ですから
高画質の写真をストレスなく現像処理するにはやはり高性能のPCが必要です。
カメラとノートパソコンを繫いでパソコンのモニターを見て撮影、
即、撮影画像をチェックしたりできます。
写真屋さんやフィルムの現像会社が潰れるわけですね。
またカメラの話になってしまいましたが・・・
作品集の「吉田式」と「Ecole」はすべてデジタルカメラでの撮影です。

「Ecole」はストーリー仕立ての写真集ですから、ストーリーにそった説明的な画面構成の写真が多くなっています。

森の中にひっそりとある学校!

そんな森、何処にあるの・・・
ここは日本ですよ。
あちら、こちら、と、人形、小道具、機材を車に積んで良い雰囲気の森を探しながらロケをしました。
富士山の麓の森や山梨県の川の上流、水の澄んだ清流域が撮影場所です。

c0183903_22413462.jpg

森の中に人形を設置するのは大変でした、地面が平らではありませんから。
撮影中、人形が倒れて服が汚れたり、指が折れたり・・・
陽月さんはそんな事も予想してか、予備の人形パーツも用意していました。

流れの中に人形を設置するのは更に難しくなります。
素材がビスクですから水に入れるのは問題ありません、
でも、水の流れの強さ、水深、等の条件もあって、なかなかうまくいきません、
人形同士が自然に、いかにも!という関係で設置されていないと・・・
c0183903_22421115.jpg


c0183903_22424915.jpg


1カットを撮影するのに手間のかかる撮影でしたが、
それまでの作品撮影の経験を生かして、けっこう楽しみながら撮影することができました。
楽しい仕事! したいですね・・・
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-19 23:44 | 人形写真
2009年 01月 18日

今日の教室

土曜日後半クラス(16;30~19:00)
今日、目にとまったのが八裕 沙さんの人形。
なんだ~これは・・・
「妖精の翅ですよ!」
「お正月、シコシコと作ったんです~」
「ほら~、動くんですよ」
翅の上部と体の接合部が関節になっていて動きます。
なるほど!ユニークな翅になっています。
c0183903_18255469.jpg


八裕 さんの人形は個性的、
精力的に発表活動をしているベテラン、ゴールド会員。
ピグマリオンへ10年以上通ってているメンバーはゴールド会員(笑)
ここのところ年に2~3回はどこかに出品しているような?
今回の妖精もショップの依頼で製作しているそうです、頑張ってください!
c0183903_18261484.jpg


どんな感じで仕上がるのか楽しみですが、
きっと予想外の仕上げになるのでしょうね・・・
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-18 09:28 | 教室情報