カテゴリ:京都造形芸術大学( 6 )


2014年 04月 10日

京都

京都造形芸術大学での今年度の球体関節人形講座がはじまりました。

今年はタイミング良く鴨川沿いの桜を楽しみました、
大学へ向かう車の中からですが・・・
c0183903_13195955.jpg
c0183903_13204593.jpg

鴨川沿いの遊歩道が桜並木になっています。
小ぶりな木が多いようですが、枝垂れ桜も多く綺麗です、
そろそろ終盤のようで風に桜の花びらが舞っていました。
c0183903_1321320.jpg

大学の講座を終えて、
夜は京都の実家に戻ったピグマリオンメンバーと会って、
この春出版されたいくつかの人形写真集などを話題に
夜景を見ながらの食事を楽しんできました。


c0183903_13215391.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2014-04-10 14:31 | 京都造形芸術大学
2013年 04月 11日

京都

c0183903_1153381.jpg



昨日は京都にいました。
今年の桜は終盤、例年より早く咲いたようです。
鴨川沿いの満開の桜並木を散歩したいと思っているのですが・・・


京都造形芸術大学マンガ学科での今年度の球体関節人形講座が今月から始まりました。


c0183903_11511087.jpg


まずは各自のイメージを実物大に描いて、芯材を削り出す工程です。
スチロールを削る作業が一番散らかる作業、

人形を作ることで人体を立体的に捉えることを学んでほしいと思います。

c0183903_11512685.jpg


c0183903_11552465.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2013-04-11 13:26 | 京都造形芸術大学
2013年 01月 24日

京都造形芸術大学

京都造形芸術大学マンガ学科での球体関節人形講座、
昨年4月にスタートして、今月が最終段階になりました。
学生にとっては長い時間かけて手間のかかる作品を仕上げるのは初めての経験のようで、
根気のいる作業だったと思います。

c0183903_12364065.jpg



c0183903_1237437.jpg

すでに洋服も出来上がって完成!
頑張りましたね~!!

c0183903_12371714.jpg


次回塗装して・・・もうひと頑張りです。

みなさん、最初に心に描いたイメージの70%以上は達成できたようです。

物作りは最初の作品が出発点です。
諦めずに仕上げた作品は作り上げる喜び、達成感を作者にもたらしてくれます、
そして、その作品が次への指針も与えてくれるはずです。

みなさんそれぞれに得るものがあったようで、私も嬉しく思います!
[PR]

by pygmaliondoll | 2013-01-24 13:29 | 京都造形芸術大学
2013年 01月 09日

今年もよろしくお願いいたします!

今年の仕事始めは京都から。
c0183903_21462925.jpg


京都駅を出ようとした時、

丁髷姿で花篭を担いで練り歩く行列に遭遇、

10日がえびすさんの縁日だそうですが、関係あるのかな?


c0183903_2147656.jpg


京都造形芸術大学の大階段入り口の門松、でっかくて立派ですなー♪

今年もガンバッテ通いましょう!

c0183903_21472631.jpg


2013年・秋にはピグマリオン30周年人形展も予定しています。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by pygmaliondoll | 2013-01-09 21:49 | 京都造形芸術大学 | Trackback
2012年 04月 20日

京都造形芸術大学

c0183903_1354396.jpg

京都造形芸術大学マンガ学科での球体関節人形講座が今月から始まりました。
大学までの途中、車の中からのスナップですが、鴨川沿いの桜は終盤でした。


c0183903_13551621.jpg

実技の一回目、スチロールの芯材を削りだす作業です。
堂野先生も学生の作業をアシスト。

c0183903_13554084.jpg


c0183903_1356578.jpg

散らかる作業なのでウルトラファクトリーの一角をお借りしての作業になりました。

安全な作業をするための講習を受けると、こちらの工房を使って作品の制作ができるそうです。

広い作業スペース、塗装ブースもあります、
大きな工作機械もあって羨ましいです。
c0183903_14571422.jpg


明るい内に新幹線のぞみに乗ってとんぼ返りです。
慣れると京都も遠くはないですね!

c0183903_14571351.jpg





[PR]

by pygmaliondoll | 2012-04-20 17:23 | 京都造形芸術大学
2011年 05月 27日

京都へ行こう!

といってもお仕事です。


c0183903_9282420.jpg
c0183903_9283843.jpg


京都造形芸術大学に今年度よりマンガ学科が新設され、
マンガ学科の講義で球体関節人形を作ることになりました。
絵を描く上で、人物や物を立体的にとらえることは重要で、
人形を作ることはとても勉強になります。
今回はその最初の講義です。
c0183903_928517.jpg


校内のフロアには各学科の学生たちの作品が展示してあります。


c0183903_9294657.jpg

c0183903_9334247.jpg

c0183903_930244.jpg

ホールギャラリーには
オ~!デカ!

c0183903_9302211.jpg


ヤノベケンジ氏の巨大オブジェ 「ジャイアント・トらやん」巨大な球体関節オブジェ!?
火を噴いたり動いたりするみたいです。

c0183903_930528.jpg



講義の方は、松本喜三郎から竹久夢二、中原淳一、辻村ジュサブロー、四谷シモン、
天野可淡、といった、独創的で工芸の系譜からはちょっと外れるけど、
僕の感じる人形文化の流れを作ってきている作家を紹介。
そして、後半は自分の作りたいキャラクターのデザインを製図して頭部の製作。
3時間程の講義では時間が足りませんでした。

c0183903_93172.jpg
c0183903_9312023.jpg


今回は特別講習という事で、他の学科の学生も希望すれば受講できるそうで、
すでに人形を作っている学生も数名参加されていました。
「吉田式球体関節人形製作技法書」を教本にして作品を作っていて、
著者としてはとてもうれしく思いました。

c0183903_2144517.jpg


3年生の別の学科に所属するMarieさんは完成した少年人形を持参してくれました。
Okuda君、Kamei君も熱心で眼が輝いていましたね、
君たちの熱い思いが新しい時代を作るのです。期待します!
みなさんありがとうございました。


c0183903_9315464.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2011-05-27 14:20 | 京都造形芸術大学