球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:人形写真( 22 )


2010年 02月 25日

もうすぐ春ですね

日に日に暖かくなって過ごしやすくなってきています。
これからの時期、卒業、進学、就職など・・・人生の転換期!

新しいことにチャレンジするワクワク感、ドキドキ感、
いつまでもそんな気持ちを大切にしたいですね。

c0183903_12184298.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2010-02-25 13:42 | 人形写真
2009年 08月 07日

BUCK-TICK  「THE DAY IN QUESTION」

2007年の12月、武道館でのBUCK-TICK  ・THE DAY IN QUESTION・の
パンフレット製作に協力した時の写真です。

古い洋館を借り切っての撮影、
2体の人形を提供、協力しました。
c0183903_1454698.jpg


More
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-08-07 13:32 | 人形写真
2009年 08月 06日

KATAN DOLL Ⅱ

天野可淡が「女郎」と呼んでんでいた人形、
c0183903_13592941.jpg


痩せ衰えた体、背中には蛇の刺青、
囚われの身となった女の悲哀・・・

部屋にこの人形が居ると怖くなるような、凄絶な迫力のある人形です。

それまでの人形の世界にはなかった表現と造形、

天野可淡の作品の中でも代表作といえる一体だと思います。

c0183903_13594891.jpg





新版 KATAN DOLL、新版 KATAN DOLL fantasm、KATAN DOLL RETROSPECTIVEは
editions-trevilleにて購入できます。
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-08-06 13:45 | 人形写真
2009年 07月 21日

KATAN DOLL Ⅰ

初版「KaTan DOLL」が出版されたのが1989年10月23日。
この作品集は僕にとってとても思い入れの強い作品集、
自分の作品を撮った作品集としてはこの2年前に「星体遊戯」があるのですが、

天野可淡の作品を僕の目線で切り取った写真、
自分の作品を撮影する以上に写真にのめり込んで撮影した記憶があります。

人形の写真を撮るのが面白くて、充実していた時期でもあり、
好きな写真も多く納められた作品集です。

c0183903_1533497.jpg

この頃はポジフィルムでの撮影、
手元にある写真、まだ一部しかデジタル化していませんので、
今回はこの写真、
ちょっと不思議でファンタジックな写真になっています。


c0183903_1534099.jpg



彼女の作品には、動物や昆虫をを人間化し人形とした作品が多くあります。
下の写真は蝶をモチーフに制作された作品ですが、初期の作品集には未掲載でした、
2007年に復刻された「KATAN DOLL RETROSPECTIVE」に掲載された写真です。
c0183903_1534553.jpg



新版 KATAN DOLL、新版 KATAN DOLL fantasm、KATAN DOLL RETROSPECTIVEは
editions-trevilleにて購入できます。
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-07-21 17:38 | 人形写真
2009年 04月 23日

桜と人形

桜のシーズンも終わりのようですね。
桜と人形の写真、よく撮ってきました、
桜の花が咲くとソワソワして人形との写真を撮りたくなります。
今回の写真は季刊誌Sに連載していた「Hizuki Doll」ために数年前に撮影したのですが、
結果的に未使用の写真、
デジタル一眼レフカメラを使う前の写真です
柔らかい写りの古いレンズ、光の滲みが面白いので使ってみました。


桜の木は大きいですから下からの写真が多くなります、
そこで人形をブランコに乗せ、桜の木の上に浮かせて撮った写真です。

c0183903_15205947.jpg
c0183903_15211426.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-04-23 10:54 | 人形写真
2009年 02月 15日

Satou Miho Doll

佐藤美穂さんの人形。
グラフィック社から出版された「少女人形」のために撮影した写真です。
c0183903_2341933.jpg

砂塵が舞っています、
何処の砂漠?といった感じですが・・・
実は多摩川の河川敷です、
撮影に行った時、風が強くて砂が舞っていました。
背景に良い具合に砂煙が入ったのはこの時だけでしたのでラッキーでした。
c0183903_23412719.jpg
c0183903_2341422.jpg

佐藤さんの人形は今の情景の中が似合うように思います。
懐古趣味的な世界ではなく、現代を生きている少女の設定でしょうか・・・
凛とした力強さを感じますね。

c0183903_2342010.jpg


ピグマリオン人形教室・佐藤美穂クラス・火曜日夜クラスは若干名の入会が可能です。
入会ご希望の方はお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出版情報

「少女人形」
は2004年にグラフィック社から発売された本ですが、まだ購入可能です、
21人の人形作家の作品が掲載されています。
ピグマリオンの講師、メンバーの作品も掲載されていますのでぜひご覧下さい。
c0183903_14493471.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-02-15 13:47 | 人形写真
2009年 02月 02日

Naruto Doll /Vampire's boy Ⅲ

夜想#耽美

c0183903_21114295.jpg



c0183903_2112178.jpg




c0183903_21121753.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-02-02 00:08 | 人形写真
2009年 01月 31日

Naruto Doll /Vampire's boy Ⅱ

夜想#耽美
インタビューウィズバンパイアという映画がありました。
トム・クルーズとブラッド・ピットが主演のドラキュラ映画、
ビジュアル系の少年人形を作るNarutoさん的にははずせない映画のようです。

2体の少年バンパイア人形のからみで撮影しました。
棺に水を張って、ドライアイスのスモーク、赤いバラをあしらって、・・・
耽美でベタなイメージで。
c0183903_0214996.jpg



c0183903_0221074.jpg


口元にチラッと見えるヴァンパイアの証
c0183903_0224246.jpg





蝋燭を使った写真ですが、
光を落として薄暗い情景での撮影になりますので、陰影や蝋燭の焔とのバランスが大切です。
当然ブレないように注意して。
c0183903_14104962.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-31 00:23 | 人形写真
2009年 01月 26日

Naruto Doll /Vampire's boy 1

夜想#耽美 のために撮影したNaruto Doll

人形も夜想#耽美のために新しく作られたもので、Narutoさんの好きなVampire's boyがテーマ。

ヴァンパイア!少女漫画的耽美のベタなイメージで遊んじゃいましょう。
蜘蛛の巣が張った洋館、霧のなかの棺、破れたカーテン、・・・赤い薔薇

小道具を用意して自宅のスタジオ?にアンティック家具や赤いビロードのカーテンで
それっぽい空間を演出しました。
c0183903_22563285.jpg


c0183903_2325824.jpg

写真としてはボケを生かした甘い雰囲気を狙ったのですが・・・
c0183903_22565547.jpg

燭台に赤い蝋燭、髑髏、祭壇、
演出したセットを作っても人形自体はやはりアップで撮影したほうが魅力的です、
たくさん撮影した写真の中からセレクトして使った写真は上の写真、
でも微妙な雰囲気も写真に写りますので、空間作りは大切です。
c0183903_22583329.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-26 23:44 | 人形写真
2009年 01月 22日

「Ecole ~エコール~」 3

「Ecole」の人形版のお話を進めるうちに、
ルシール・アザリロヴィック監督の表現している世界がそれまで私の作ってきた人形の映像
世界と重なる部分があるように思えました。
もちろんすべてではありませんが・・・

撮影を進めるうちに、ストーリーと離れたイメージも湧き上がり、映画のシーンにはない
映像も幾つか撮影しました。
写真を撮影しているとイメージどおりに写すのは当然ですが、
時として意外な写り方をする場合もあります。

光は写真を撮影する上での超重要な要素です、
光がないと写真は写りませんから~(笑)・・・

エコールの撮影では、森、水、人形達の遊戯、を僕なりのテーマにしました。

c0183903_1032793.jpg

水は大好きです、
水は映像の中で常に形を変えて写り込み、写真にインパクトを与えてくれます。

c0183903_10204014.jpg


c0183903_11382152.jpg

c0183903_10213041.jpg


撮影は現場での設定が重要です。
被写体の表情、写りこむ背景や光の表情、
そしてカメラのレンズ、シャッタースピードや絞りの設定でも写る写真は変わってきます。
撮影の間はすべてに神経を使い緊張しますが、この緊張感が好きなのです。

かつて暗室で現像液の匂を嗅ぎながら行った作業が今はパソコンの前で、
たくさん撮影した写真のなかから良さげなカットを選び、
微妙な色調、コントラスト、トリミングなどを調整します。
撮影して終わり、・・・ではないですね。

「写真を仕上げる面白さ」が暗室がなくても楽しめます。

デジタルカメラに付属しているソフト、使っていますか?
皆さんも人形を撮影したら写真のソフトを使って楽しみましょう・・・
c0183903_1441735.jpg


「Ecole ~エコール~」はAmazonにて購入できます。
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-22 00:30 | 人形写真