球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 20日

KATAN DOLL  &  BODY 3

c0183903_17191911.jpg


久しぶりにKATAN DOLLと対面しました。

所蔵されている方からの連絡で関節を引いているテンションゴムが伸びてしまって
交換してほしいとのことで、ピグマリオンへお持ちいただきました。

作品集KATAN DOLLのなか、赤い着物を着た金髪の少女人形です。

20年ほど前にもピグマリオンへお持ちになってゴムを交換したことがあります、
布で包まれたゴムなので通常は切断することはないのですが中のゴム自体は切れていました。

c0183903_17212277.jpg




しばらくご実家で保管されていたということで、陽に焼けたのか、
金髪が若干白っぽくなり、着物は古い生地なので弱ってきているようです。

人形に布を被せたり、箱に入れて収蔵するほうが傷みは防げるのですが、
人形にとってはしまわれて忘れられるより、見つめられて愛される方が本望でしょう。

関節周りのスレはありますが、写真でご覧のとおり、
KATAN DOLLの魅力は色褪せていません。

c0183903_1724383.jpg



現在、開催中のボディー3 展

東京国立近代美術館工芸館で所蔵作品展が開催中ですが、
収蔵されたKATAN DOLL一体が展示されています。

9月1日まで開催されていますのでぜひ御高覧ください。

詳細な情報は こちら東京国立近代美術館工芸館
c0183903_15373396.jpg

[PR]

by pygmaliondoll | 2013-07-20 15:05 | 展覧会情報


<< 吉田式球体関節人形制作指導ノート2      吉田式球体関節人形制作指導ノー... >>