球体関節人形 DOLL SPACE PYGMALION

pygma.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 19日

「Ecole ~エコール~」 2

作品撮影のカメラをデジタルに切り替えたの5年ほど前だったと思います。
HPのギャラリー(今月の人形)はそれ以前にコンパクトのデジカメを使っていました。
当時400万画素の上級コンパクトカメラの値段で、今や1000万画素の一眼レフ
カメラが買えます。

一眼レフカメラの高級機種は2000万画素を超えましたね。

ただしデジタルカメラで撮影した画像を処理するにはPCが必要不可欠ですから
高画質の写真をストレスなく現像処理するにはやはり高性能のPCが必要です。
カメラとノートパソコンを繫いでパソコンのモニターを見て撮影、
即、撮影画像をチェックしたりできます。
写真屋さんやフィルムの現像会社が潰れるわけですね。
またカメラの話になってしまいましたが・・・
作品集の「吉田式」と「Ecole」はすべてデジタルカメラでの撮影です。

「Ecole」はストーリー仕立ての写真集ですから、ストーリーにそった説明的な画面構成の写真が多くなっています。

森の中にひっそりとある学校!

そんな森、何処にあるの・・・
ここは日本ですよ。
あちら、こちら、と、人形、小道具、機材を車に積んで良い雰囲気の森を探しながらロケをしました。
富士山の麓の森や山梨県の川の上流、水の澄んだ清流域が撮影場所です。

c0183903_22413462.jpg

森の中に人形を設置するのは大変でした、地面が平らではありませんから。
撮影中、人形が倒れて服が汚れたり、指が折れたり・・・
陽月さんはそんな事も予想してか、予備の人形パーツも用意していました。

流れの中に人形を設置するのは更に難しくなります。
素材がビスクですから水に入れるのは問題ありません、
でも、水の流れの強さ、水深、等の条件もあって、なかなかうまくいきません、
人形同士が自然に、いかにも!という関係で設置されていないと・・・
c0183903_22421115.jpg


c0183903_22424915.jpg


1カットを撮影するのに手間のかかる撮影でしたが、
それまでの作品撮影の経験を生かして、けっこう楽しみながら撮影することができました。
楽しい仕事! したいですね・・・
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-19 23:44 | 人形写真


<< 人形回想録2・マネキン人形とベ...      今日の教室 >>