2009年 01月 17日

人形写真 ・ 「Ecole ~エコール~」 1

人形と人形写真は別もの・・・
苦労して時間をかけてやっと仕上がった人形。

そんな人形、特に良くできた時など人に見てもらいたいですよね。
でも人形をいつも持ち歩くわけにもいかないし・・・
人形の写真を携帯の待ち受けにしたり、アルバムに入れて友人に見せたり、
ニヤニヤして楽しんだり、(笑)経験あるのでは?

カメラの進歩は急速に進み、今やデジタルがあたりまえの時代になりました。
露出、ピント合わせは自動(オートフォーカス)、そして手ぶれ補正、
携帯にも高性能のカメラが付いて、いまや写真撮影で失敗のない時代です。

僕が写真を勉強していた頃はフィルムを現像したら、まったく写っていないとか、
ピンボケ、なんてことがよくありました。

カメラの性能が良くなったことで、誰でもシャーターを押すだけで良い写真を
撮れる確立は高くなったと言えます。
後は感性ですね!

人形を綺麗に可愛く撮って欲しいと思うのでしょうが、
カメラのレンズは肉眼と違って正直、時には人形の欠点も映し出してしまいます。

ピグマリオンのHPにメンバーの完成した人形を紹介する「0月の人形」があります。
布バックでのポートレートでシンプルな写真です。
ある意味シンプルなポートレート写真は人形そのものが勝負になりますので
厳しくもあります、
初めて作った人形、やはりアップには耐えられなかったりしますものね。

人形と写真で遊べる世界もあります。
「Ecole ~エコール~」
ルシール・アザリロヴィック監督・脚本の映画「Ecole」の公開に合わせて、
配給会社の企画で持ち込まれた仕事でした。

c0183903_057912.jpg


人形を陽月さん、衣装をアニエス・べーが担当して、映画「エコール」の世界を人形で
表現しようといった企画でした。
最終的にアニエス・ベー2店舗での展覧会、飛鳥新社の協力も得て人形写真集
「エコール」の出版、と、企画は最初より大きく膨らみました。

映画の設定に合わせてロケをしたり、セットや小道具を作ったり、
映画の宣伝のため、すべてこちらの自由な表現で、とはいかなかったのですが、
以前からやりたかった、「人形を使った寓話の世界」が実現しました。

c0183903_05829100.jpg


火を使った写真、以前にも自分の作品で撮影していますが、
可愛い花火の写真、エコールのストーリーから離れた写真だったので
ボツになりかけたのですが・・・
お気に入りの1カットです。



人形写真も時々紹介していきます。
撮影の裏話など・・・
[PR]

by pygmaliondoll | 2009-01-17 01:11 | 人形写真


<< 今日の教室      今日の教室 >>